54/夫婦の絆を確かめ合う旅♥

ガイドブック片手に町を歩こう 集落散策のススメ
夫婦の絆を確かめ合う旅

 早川町のガイドブック「めたきけし」が完成して3年。町民自らが歩いて、調べて、書いたガイドブックには、各地の地域資源がた~くさん紹介されています。
 ガイドブックを片手に、一つの集落をじっくり歩いたり、自然や歴史といったテーマを決めて歩いたりすれば、いつもとはひと味もふた味も違った早川町を楽しめます。
 そんな中でも、今回は、長く連れ添ったご夫婦にお勧めのコースをご紹介します。お馴染みの観光スポットのほか、保・草塩・京ヶ島集落を歩いて巡ります。若い頃を思い出したり、夫婦円満を願ったり、二人で訪れるのにぴったりの場所が目白押しのコースです。また、この春から運行している町民バスは、下部温泉駅にも停まるようになり、利便性も良くなりました。ローカル電車とバスで来れば、旅の雰囲気づくりはばっちり。
 ゆっくり歩いてみると、山や田畑が広がる風景や、民家の立ち並ぶ通り、早川沿いの並木道など、まるで映画に出てきそうな風景があることにも気づきます。当たり前のようで、特別なこと。きっと夫婦もそういうものかと思います。
 さあさあ、町民の愛情こもったガイドブックを片手に、お連れさまを誘って、夫婦の絆を確かめ合う特別な旅にお出かけください。

おばあちゃんの試してレシピ20

ナスの洋辛子漬けと三五八漬け

夏に畑を賑わすは、キュウリ、トマト、そしてナス!漬け物にすれば、保存も効いて毎日の食卓の良いアクセントになります。今回は、角瀬集落の黒川廣子さんから「ナスの洋辛子漬け」、榑坪集落の望月英子さんから「ナスの三五八漬け」をご紹介いただきました。
洋辛子漬けは、ツンッとした辛みが食欲を刺激し、厚めに切ったナスの食感もたまりません。三五八漬けは、辛子に麹などの旨味が加わって、これまた箸がとまりません!夏の夜の、酒の肴にもおススメです!

●洋辛子漬け
■材料
ナス……………1kg
塩……………… 100g
A:みりん…………100cc
酢………………50cc
みょうばん……大さじ1
洋辛子…………大さじ1
砂糖……………100g~150g

■作り方
①輪切りにしたナスに塩をまわし、水がでるまで軽く重しをしておく。
②水があがったら、塩が抜けるまで、流水の中で2~3回もむ。
③密閉袋にAの調味液を混ぜ合わせる。
④③に②を入れてなじませ、1~2時間冷蔵庫に入れて漬け込んだら出来上がり!

●三五八漬け
■材料
ナス……………1kg
塩………………30g ※粗塩が良い。
粉辛子…………30g
A: 三五八の素(市販)…200g
みりん………………100cc
しょうゆ……………100cc
砂糖…………………200g

■作り方
①5mm幅に切ったナスを水に浸してアクを抜き、塩をふり揉まずにしばらくおく。
②辛子の粉にぬるま湯を加え、空気を入れるように練る。(容器ごと水で濡れた場所に伏せておくとより辛くなるらしい!)
③Aを混ぜ合わせておいたところに、②を入れてよく混ぜる。
④①の水気をしぼり③へ入れ、ムラがないようによく混ぜる。味がなじんだら出来上がり!