8/早川の名湯 徹底分析!

早川町が誇る源泉掛け流しの名湯を徹底分析!

 温泉の偽表示問題に端を発し、温泉業界が揺れている。温泉法を改正する動きまで出ているなかで、温泉という言葉の再定義が迫られている。
 そのような状況で、キーワードとなっているのが、湧き出た湯をそのまま浴槽に注ぎ込み、ありのままの温泉を提供する「源泉掛け流し」。心身を癒すという温泉の効果をより得られるという観点からも、各方面でその重要性が説かれている。
 しかし温度や湧出量など、源泉の条件によっては、どうしても実現できないところも多々あると聞く。努力だけではどうにもならない。いかに条件の良い源泉に恵まれるかが鍵なのである。
 我が早川町には、そんな大地の神に選ばれた「源泉掛け流し」の温泉が四つも存在する。それが西山温泉の「慶雲館」と「蓬莱館」、奈良田温泉の「白根館」と「町営奈良田の里温泉」だ。今回はこの四つの温泉の、泉質そのものに焦点を当て、その魅力をたっぷりと紹介する。