温泉2/秘境に点在する名湯 知る人ぞ知る。名湯は西山温泉だけではない


早川町と言えば、名湯が並ぶ地域「西山温泉」が全国的に有名だが、西山温泉以外にも名湯は他の地域にも存在している。早川町は、知る人ぞ知る「秘境の中の温泉郷」だ。

 

遥か昔、早川町は海の底に位置していたため、「塩化物泉」が多いとも言われている。

 

ヘルシー美里

「高原の里からの贈り物。温泉と冷鉱泉の2つが楽しめる」
昔の学校だった建物を改装して作られた宿泊温泉施設。冷鉱泉を温めた41℃の温泉と19℃の源泉が2つの浴槽に張られている。
温泉は硫黄の香りが非常に強いのが特徴。2つの湯船を交互に入ることで体が芯まで温まる。塩化物も多いため湯はかなりしょっぱい。
効能としては、神経痛、関節痛、冷え性、婦人病などに効くとされている。地元住民の利用も多く、泉質の評価も高い。学校の面影があり、子どもに戻った気分で子どもに戻り、肌もつるつるにし若返ってみてはどうだろう。
【泉質】含硫黄・ナトリウム・カルシウム・塩化物・硫酸塩冷鉱泉(低張性アルカリ性冷鉱泉)

【源泉温度】19.8℃/【pH】:9.3

 

草塩温泉

「田んぼの中に湧出した地元住民からも愛される温泉」
田んぼの中に位置する草塩温泉。源泉を温めた温泉は匂いや色はほとんど無く無色透明。

効能としては、リウマチ、運動器障害、皮膚病などに効果があるといわれている。入ったときは若干熱く、肌がピリピリする。しかし数分経つと体も慣れ、本当に体の芯から温められ、お風呂からあがった後も汗がなかなか止まらない。

地元住民たちからは人気で、毎日来る方もいらっしゃるとのこと。温かい湯につかりながら、地元住民との会話が楽しめる温泉だ。
【泉質】ナトリウム・塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉(低張性弱アルカリ性冷鉱泉)

【源泉温度】14.6℃/【pH】:7.9

ヴィラ雨畑

「雨畑地区にひっそりと身を潜める癒しの湯」
雨畑湖のほとりにある里ヴィラ雨畑のすずりの里。浴槽には大きなガラスが一面張られていて、女性用の浴槽には露天風呂がある。外も中もおしゃれなデザインで作られている。源泉を温めた温泉は、微かに硫黄の香りが漂い、さらさらしており無色透明。ゆっくりつかることができ、疲れもとれ、体も心も癒される。リピーターや地元住民の利用が多い。湖と山々を眺めながら雄大な自然の中で入る温泉は最高に気持ちがいい贅沢な温泉だ。
【泉質】単純硫黄冷鉱泉(低張性中性冷鉱泉)

【源泉温度】14.7℃/【pH】:7.5